Recruit 採用情報

先輩社員の声

小西 知也

小西 知也
(2015年入社 香辛料事業部)

日々新たなことを学び、成長していると実感できる。

業務内容、やりがい、大変なことなど

一年目の社員の役割は、先輩社員が海外のサプライヤと契約した商品を期限通りに日本のお客様に納品することが中心になります。日々の業務では製造の遅れや船の遅れ、日本での検査など、さまざまな要因で納品が遅れそうになることがあります。ある時は、三国間貿易で貨物が輸入国に到着する直前で問題が発生し、輸入国で貨物が引き取れなくなりそうになりました。すぐに、輸出国及び輸入国に連絡をし、無事に商品を納期通りに納品することができました。問題を起こさないことが最優先ですが、不意に発生した問題を解決し、お客様に納期どおりに納品できた時の達成感が現在の業務のやりがいです。

ヴォークスで求められるもの

仕事をはじめると、貿易の知識はもちろん、微生物や食品の製造工程、栽培方法など食品に関する専門知識を身につけなければなりません。そうした食品に関する知識を楽しみながら吸収できる好奇心が求められます。また、先輩社員がつくった商品を売るだけではなく、新しい商品を創造できる力が求められています。

働いていて良かったと思うこと

入社半年で、輸入・輸出・三国間貿易に携わることができたこと。商品も多様で、アジア・欧米はもちろん、この仕事をしていなければ接点がないようなアフリカの国との取引もあるので、日々新たなことを学び、成長していると実感できること。また、自らが輸入に携わった原料がテレビやスーパーで目にする意外な商品に使われており、そうした商品を見たときに喜びを感じます。

モチベーション

VOXでの日々は刺激の連続です。私は配属後、輸入・輸出・三国間貿易の通関業務を担当しましたが、お客様から通関制度についてご質問を頂いたり、税関から製造工程や成分についてご質問を受けることがありました。そうした時、すぐにお答えすることができず、歯がゆい思いをしました。こうした歯がゆい思いが、通関制度や食品の専門知識を学び、もっと成長したという思いにつながっています。また、配属後の1ヵ月間で輸出を2件担当させていただきました。先輩社員のサポートを受けながら、船会社・製造メーカー・輸入者と連絡を取り合い、何とかやり遂げることができました。VOXでは、配属後すぐに様々な仕事を任せてもらえるので、一つ一つ経験を積み重ね、日々成長しているという実感がモチベーションとなっています。

廣瀬 慶三

廣瀬 慶三
(2014年入社 香辛料事業部)

"廣瀬が作り上げた商品"と思われたいです。

業務内容、やりがい、大変なことなど

ヴォークスでの仕事の醍醐味は、世界を舞台に自由に食のビジネスを創造できる点です。当社は、収穫~貿易~販売までを一元的に担当します。 したがい、仕事の分野は多岐にわたり現場は苦労の連続ですが一方で、決まった商品/商流/分野に縛られることがありません。真っ新なキャンパスに、自分が思うよう自由にビジネスモデル/サプライチェーンを描けるところがヴォークスの一番の魅力です。私は入社から香辛料事業部でハーブの調達・営業に携わっています。昨年、日本からの輸出が困難となった商材があり、宛てのない顧客から引き合いを受けたことがありました。どうにか解決の方法はないか摸索、現行商流からの切替をプロデュースし提案しました。結果、受注に至りお取引先様にも満足いただいたことは貴重な経験となりました。

働いていて良かったと思うこと

グローバルな仕事ができる点です。世界各国の取引相手と毎日やり取りし、状況によってはホテルのラウンジ等で商談をします。異なる文化/価値観を持つ海外とのやり取りは刺激的で勉強になることばかりです。当社では世界レベルで渡り合える人材になる必要があり、そのチャンスに限りはありません。

今後の目標、課題、挑戦したいこと

直近の目標は、競争力がある商品を開発することです。2016年度中に最低でも3つ開発することを目標に掲げています。何でも良いので、"廣瀬が作り上げた商品"と思われたいです。

小段 了太

小段 了太
(2011年入社 VOX Australia)

自由に思い切り挑戦していきたい

入社したきっかけ

海外で活躍することを第1希望に就職活動を行って参りました。世界中から商品を調達し、販売するという当社の仕事に強い魅力を感じ、入社を決めました。

業務内容、やりがい、大変なことなど

現在オーストラリアに駐在し、現地法人の取締役を勤めております。本社から赴任している者が私一人という過酷な環境の中、現地スタッフと力を合わせてオーストラリアの新しいマーケットを切り開くことにやりがいを感じています。慣れない海外での仕事や生活は苦労の連続ですが、任された仕事に誇りを持って取組んでいます。

今後の目標、課題、挑戦したいこと

輸入製品のオーストラリア国内販売、オーストラリア国産製品の海外向け輸出販売の新規商権開拓、拡大に力を注いでいます。その殆どが一からのチャレンジとなります。自分自身の動き方次第でこの会社の明暗が分かれる。その責任は大きいですが、自由に思い切り挑戦していきたいと思います。

森 皆人

森 皆人
(2015年入社 アグリ事業部)

世界と繋がる仕事をしているのだと実感。

業務内容、やりがい、大変なことなど

アグリ事業部に配属され、米・小麦等の輸出入に必要な書類の作成や船の手配等を行なっております。貿易に関わる仕事として、商品だけでなく為替や世界情勢等様々な情報が仕事に影響を与えます。入社後実務についてまもなく、為替が変動し、手元の業務に影響が出たことを目の当たりにして国内だけでなく、世界と繋がる仕事をしているのだと実感しました。

入社半年を振り返ると?

初めて私が関わった貨物を載せた船を見に行ったときに、すごく感動をしました。船の大きさ、貨物の数、港で働く人の多さ、すべての規模が私が想像していた以上のものでした。また初めて聞く業界の専門用語にとまどうことや、複雑な貨物の動きなど、実際にやってみないと分からない事がたくさんあります。そんな時は先輩たちが丁寧に教えてくださいます。気さくに相談できる環境で、新しいことに挑戦させてくださる上司の元で働ける、毎日が楽しいです。

この会社の社員に共通すること

いい意味で個性の強い社員が多いなと感じます。個性をなくさないで周りを巻き込んでいく、そんな社員が多いなと感じます。

井上 研介

井上 研介
(2014年入社 食品事業部)

世界的日本食ブームを更に盛り上げる!

入社したきっかけ

学生時代から「食」に興味があり、大学では生命科学部で農業科学を学んでいました。食品メーカーの仕事にも興味がありましたが、食品原料の生産、加工の段階から関われること、世界規模で「食」に携われることの2点に魅力を感じたのが入社を決めたきっかけです。

今後の目標、課題、挑戦したいこと

「国産生鮮野菜の輸出」入社して国産の生鮮野菜に携わり、生産のきめ細やかさや味の良さを目の当たりにしました。付加価値の高い国産生鮮野菜を欧米に輸出するビジネスを構築し、世界的日本食ブームを更に盛り上げる!という野望を持っています。

この会社の社員に共通すること

強い熱意・情熱を抱いていると感じます。社員一人ひとりが目標を持って何か成し遂げるぞ、という野望に近い気持ちをもっています。

野口 絢加

野口 絢加
(2013年入社 アグリ事業部)

入社からの日々が勉強であり、今後に活かせる経験

業務内容、やりがい、大変なことなど

アグリ事業部に配属され4年になります。私の扱う商材の特徴は一度に何十トンという契約がほとんどです。数量が多い分、仕入先や販売先のご担当者様と密に連絡を取り合い、受発注内容、為替リスク、ひとつひとつミスがないよう注意深く業務に取組んでいます。時にはお客様から、難しい宿題をいただくこともありますが、それを解決し、新しいビジネスモデルを提案できたときにはやりがいを感じます。

ヴォークスで求められるもの

小さな仕事でも積極的にやろうという気持ち少数精鋭の会社なので、営業や事務のような枠に囚われず自分にできることを見つけて自ら取り組む姿勢が大切だと感じます。

働いていて良かったと思うこと

若手のうちから多くの責任ある仕事を担当することができます。当社はひとりひとりが生産から加工、販売までを一元管理する「商品担当制」になっています。生産の現場から、資金回収まで必要とされる知識は底知れません。入社からの日々が勉強であり、今後に活かせる経験となっていることを実感します。つらいことはたしかにありますが、早いうちから現場に出て学べる機会をたくさんいただけるところはVOXの魅力だと思います。